平成30年11月産地概況
宮崎青果株式会社
野菜1部
品  名 産 地 概        況 同月年度別実績
29年 28年 27年
胡瓜

宮崎
東諸県
児湯
小林
西都
露地物は気温の低下と共に入荷減となり、抑制物は安定した入荷となる。
促成物の入荷が始まり、中旬から下旬にかけてピークとなる見込み。
919
444

926
400

1,068
280

黒皮南瓜

川南 台風の影響が大きく、入荷量は少ないと思われる。
中旬から下旬にかけ終盤を迎える。
4
239

9
218

14
148

ピーマン

西都
宮崎
児湯
小林
台風の被害と天候不順の影響で、例年に比べ入荷減となっているが、好天と台風被害の修復作業も終わり、今後は安定した入荷予想。 343
594

296
489

241
175

トマト

大分
宮崎
高冷地産、高千穂地区は徐々に入荷減で隔日販売となり終盤を迎える。
大分産も気温の低下に伴い、着色の遅れと若干小玉傾向もあり、入荷増は厳しい状況。
施設物の県内産は着果不良の収穫段抜けで、徐々に入荷増となる見込み。
52
390

36
648

110
176

里芋

宮崎
都城
小林
国富
石川芋はほぼ終了となり、白芽芋中心の入荷となるが、作付面積減少と、加工農産物の収穫作業を行う為、入荷減の見込み。
京芋も作付減の為、入荷減。
赤芽芋も件数は増えたが、作付減の為、入荷減の見込み。
102
177

109
219

84
240

甘藷

有田
田野
有田、田野地区中心の入荷だが、残量が少なく入荷減となり、中旬から下旬に終了となる産地が多くなる。 70
163

67
186

43
177

野菜2部
品  名 産 地 概        況 同月年度別実績
29年 28年 27年
大根

宮崎
大分
熊本
県内産に於いては、台風の影響により前半は数名の入荷があるが、品質低下が心配される。
下旬に於いては、切れ間も見受けられる為、不安定な入荷予想。
熊本産は安定した入荷予想。
393
101

244
131

200
46

人参

青森
長崎
宮崎
北海道産も終了し、前半は青森産、中旬以降から九州産の販売となる。
前半は不安定な入荷が予想され、下旬以降からは安定した入荷となる。
171
147

113
195

223
110

ごぼう

宮崎
青森
県内産に於いては、終盤で都城地区の一部が入荷予定だが、不安定入荷。
青森産に於いては、大根の出荷もあり、中旬以降入荷増の予想。
79
150

60
263

54
211

白菜

大分
熊本
宮崎
九州産は若干遅れ気味だが、中旬以降は6玉中心の順調な入荷予定。 191
94

180
137

158
37

キャベツ

宮崎
熊本
大分
県内産に於いては、台風の影響で品質低下が心配される。
熊本産、大分産は8玉中心の順調入荷予定。
372
88

417
146

499
50

ほうれん草

宮崎
福岡
県内産のハウス施設物、露地物中心の入荷。台風の影響で上旬、中旬はバラつきのある入荷見込み。
福岡産は生育良好で、順調な入荷見込み。
7
800

9
609

14
360

白ねぎ

大分
宮崎
県内産に於いては、台風の影響により品質低下の為、下旬からの入荷予定。
大分産は生姜の作業が終わり次第の出荷となり、中旬頃からの入荷予定。
前半は北海道産の残量次第の為、不安定な入荷予想。
36
424

39
438

16
320

青ねぎ

宮崎
大分
各産地共に夏場の高温障害で、バラつきのある入荷予想。中旬以降は回復の見込みがあり、順調な入荷予想。 9
1,293

10
1,142

12
620

ミニトマト

大分
宮崎
高冷地(JA大分、JA日向、JA高千穂)に於いては終盤の為、徐々に入荷減。
平地物に於いては、台風の影響で2週間程遅れる為、中旬以降に出揃ってくる予想。
68
625

63
888

139
394

茄子

熊本
宮崎
熊本産中心の予想。
県内産に於いては、JA日向の入荷販売予定。
促成物に切り替わり、入荷量は気温に左右されるが、天候次第では安定した入荷となる。
23
499

14
428

20
230

レイシ

宮崎
西都
ハウス物(雨除け)は数件の入荷予定だが、無加温の為、気温低下と共に入荷減となり、中旬以降は不安定な入荷状況になる予想。 19
232

4
659

4
404

レタス

長崎 長崎産に於いては、台風の影響と雨天続きで予想よりも生育は伸びず、軽量物の出回りと思われる。
又、定植期の為、潤沢な入荷は期待できないと思われる。
182
334

147
266

154
57

ブロッコリー

熊本
長崎
熊本産、長崎産の販売。
台風の影響も無く、潤沢な入荷予想。
25
445

12
445

38
224

馬鈴薯

北海道
長崎
北海道産に於いては、順調な入荷で2L、L中心の入荷。
後続の産地長崎差に於いては、下旬頃からの入荷予定だが、天候不順の為、例年より若干遅れ、小玉傾向の予想。
123
102

109
167

138
63

メークイン

北海道 北海道産(北海コガネ)主体の販売となり、天候不順の影響もあり、若干小玉傾向の入荷。 64
105

45
192

42
102

玉葱

北海道 北海道産主体の販売となり、品質も安定しL大中心の入荷販売。 315
88

365
77

253
67

長芋

北海道
青森
北海道産、青森産の販売となり、春掘り物の在庫も少なく調整出荷。下旬頃より秋掘り物の入荷予定。 18
240

9
453

15
331

生姜

宮崎
長崎
県内産露地物の新生姜が中旬頃に終了し、長崎産の古生姜へと切り替わる。 10
380

12
398

6
470

生椎茸

宮崎
熊本
県内産菌床椎茸は日量総体6,000パック前後の入荷となる。
原木の入荷も始まり、条件が整えば安定した入荷が期待できる。
13
1,126

15
1,079

16
1,031

えのき茸

宮崎
鹿児島
加藤エノキ中心の販売で、日量500ケース前後と増加傾向となる。
鹿児島産は入荷不安定で、週2、3回の入荷予定。
75
310


81
313


72
263