平成30年9月産地概況
宮崎青果株式会社
果実部
品  名 産 地 概        況 同月年度別実績
29年 28年 27年
極早生みかん

宮崎 全体的に玉付きは良いが、若干小玉傾向。
中旬頃から入荷増となる見込み。
182
125

212
140

205
110

つがる

長野
青森
松本ハイランドは上旬に終了予定。
青森産は上旬より入荷予定。
99
302

102
294

110
269

他のりんご

長野
青森
長野産…下旬に秋映の入荷予定。
青森産…上旬に未希ライフ、きおうの入荷予定。
18
313

31
291

40
298

豊水

大分
熊本
大分産…JA玖珠九重は着果量は多いが、小玉傾向。
28玉≦32玉中心。
熊本産…JA球磨は台風の影響で前進出荷した為、残量は少ない。
101
298

91
313

93
289

西村早生

福岡 JA筑前あさくらは7日前後よりスタート。ピークは中旬から下旬。スタート時、最盛期はM、S中心。 19
251

22
240

15
257

プルーン

長野 小林太平堂、武田真治商店から週3回の入荷販売。
中旬頃に終了予想。
4
296

2
543

1
674

巨峰

福岡
長野
上旬でJA柳川、JA筑前あさくらが終了。
JA直鞍、JA嘉穂は9月いっぱいの販売。
状況次第で16日前後より長野産の入荷予定。
26
744

24
813

33
706

ニューベリーA

岡山 スポット入荷。気象災害の影響で入荷は不透明。 2
493

2
437

3
430

甲斐路

山梨 JA南アルプス市は生育順調で平年並の入荷見込み。
5kgコンテナ(400g×10パック)での入荷。
4
818

4
923

6
744



宮崎 上旬から中旬にかけ早生種。中旬から下旬にかけ中生種の入荷となり、安定した入荷見込み。
2L、L中心の予想。
34
676

62
794

27
670

アールスメロン

長崎
熊本
上旬から長崎産マル深が2玉流れの連日入荷予定。
熊本産は週2、3回の入荷予定。
6
465

9
366

9
428

レモン

チリ 7月、8月の前進出荷により、入荷は減少傾向となる。
115玉、140玉中心の玉流れで、95玉はかなり少ない。
6
321

8
343

7
396

バナナ

フィリピン 生産量が減少傾向で、特に高糖系が少ないが、徐々に回復する見込み。 36
221

46
231

39
249

バレンシアオレンジ

オーストラリア
南アフリカ
オーストラリア産ネーブルは、例年より早く終了し、バレンシアへ移行する見込み。
南アフリカ産バレンシアは昨年より少ない予想だが、小玉中心に入荷する見込み。
7
283

8
236

6
244

グレープフルーツ

南アフリカ 南アフリカ産グレープフルーツは8月末でほぼ入船は終了し、在庫販売となる。 4
195

5
220

6
169

キウイフルーツ

ニュージーランド グリーンキウイは大玉主体ながら順調な入荷見込み。
サンゴールドは入荷減で、玉サイズによっては終了する場合も予想される。
26
501

21
488

16
490